オンラインカジノは日本で違法なの?

オンラインカジノで遊ぼうと思ってネット上でいろいろ調べてみるとまず気になるのが、「オンラインカジノは違法なのか」ということではないでしょうか。

 

日本ではパチンコや、競馬、競輪などの公営のギャンブルがあるものの、法律上は賭博とみなされておらず、これらのギャンブルで遊ぶことに問題はありません。

しかし、オンラインカジノは海外で運営されており、それらの国々での運営は完全に合法なものの、日本在住の日本人がオンラインカジノでプレイすることは、また別の話になります。

オンライン カジノ ライセンス

現時点では、日本にはオンラインカジノの合法性を取り締まる法律がまだ存在しないため、オンラインカジノで遊ぶことは合法でも不法でもないというのが現状です。

目次​

違法賭博とは?

日本では「賭博法」が存在するため、日本でカジノの運営をすることはできません。よって、日本で運営されているカジノがあったら、それは不法で運営されていることを意味します。

 

実際のところ、店舗を構えて看板を掲げて運営しているわけではないものの、目立たないビルの一室でカジノゲームによるサービスを提供している「闇カジノ」が日本にはあるようです。路上で声をかけて勧誘するというスタイルでお客を呼び込みます。

5/5
5/5
5/5
5/5

インカジとは?

「インカジ」とは、インターネットカジノの略で、一見オンラインカジノと同じような意味に聞こえますが、実は大きな違いがあります。インカジは、店舗でカジノゲームをプレイして、勝利金をその場でもらえるため、「賭博罪」として扱われてしまいます。

バカラ賭博

バカラは日本の違法カジノでよくプレイされています。ブラックジャックやルーレットと共に人気のカジノゲームで、とてもシンプルな点が人気の理由でしょう。日本では、このバカラ賭博で摘発される事件が時々起きています。日本国内で運営されているカジノで賭けを行うのは違法なので絶対に利用しないようにしましょう。違いを明確にしておきましょう。

バカラ賭博

 

過去には逮捕されたケースも

インカジには関連していませんが、2016年には海外で運営されていたカジノで遊んだ日本在住の3人の男性が逮捕されたケースがあります。このカジノは日本人のみをターゲットにしたカジノであるということから、賭博として扱われたとされています。

 

今まで、海外運営のカジノがらみでこのような事件が起きたケースは稀ですが、現在オンラインカジノで遊ぶ人が増えているとは言え、あなたがカジノプレイヤーなら「合法でも違法でもない」という現状を常に頭の片隅に入れておきましょう。

合法オンラインカジノとは?

オンラインカジノは海外(主にヨーロッパ)で運営されていることがほとんどで、それらの国々では合法で運営されています。国際的に認可されたライセンスを取得して運営されているために、金銭的な詐欺、個人情報の流出などが起こる心配は要りません。

オンラインカジノではどのようなライセンスがあるのかを見ていきましょう。

オンラインカジノのライセンスはどの国で発行されている?

オンラインカジノを運営するためにはカジノライセンスの取得が必要です。以下のライセンスが業界で最も信頼性の高いライセンスだと言われています。

  1. MGA(Malta Gaming Authority=マルタゲーミング委員会)
  2. UK Gambling Commission(英国賭博委員会)オンライン カジノ ライセンス
  3. Curaçao e-Gaming (キュラソー・イー・ゲーミング)

メジャーなカジノはこれらのライセンスを取得していることがほとんで、ウェブサイトのフッターのところに、ライセンスとロゴが掲載されています。カジノがライセンスを取得しているかを確認したい場合は、まずウェブサイトのフッターをチェックしましょう。

カジノのゲームは公平なのか?

オンラインカジノのゲームはコンピューターによって動作しているため、メーカーやカジノがゲームで一定の結果を出すようにコントロールしているのではないかと、その公平性を疑う人も多いのではないかと思います。

 

そのような公平性を保つためにもRNG(Random Number Generator=ランダム・ナンバー・ジェネレーター)というシステムが導入されています。


RNG(乱数発生器)は、例えば、スロットが回った時にはシンボルや数字がランダムに出てくるようにプログラム化されています。

日本とカジノ

オンラインカジノではありませんが、「カジノ」というトピックでは、ここ数年で「カジノ法案」が話題になっています。オンラインカジノとは直接関係ないものの、ランドカジノが日本にできれば、オンラインカジノも娯楽の一つとして認められるのかは気になるところですね。

日本のオンラインカジノ

カジノ法案(IR)とは?

カジノ法案とはIR(Integrated Resort=統合型リゾート)とも呼ばれ、カジノに加えてホテル、レストラン、ショッピングモール、コンサートホールなどの施設が集まったリゾート地の建設に関する法案です。

カジノ法案の目的は?

そもそも日本にランドカジノを建設する目的は何なのでしょうか?それはカジノを作ることだけが目的ではありません。

 

IR(Integrated Resort=統合型リゾート)という名前からも分かるように、カジノを中心としてリゾート地を建てて、国内外から観光客を呼び込み経済を活性化させようということが大きな目的です。

カジノ法案のメリット・デメリット

カジノ法案のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

カジノとリゾート地ができることで生まれるメリットは多くあります。

  1. 国内外から観光客を呼び込み消費を促進する
  2. 雇用機会が生まれる
  3. 地域の活性化

デメリット

経済の活性化と聞くと、よいことばかりのように聞こえますが、デメリットも考えられます。

 

  1. ギャンブル依存症
  2. 治安の悪化
  3. マネーロンダリング

ランドカジノができると、パチンコと同様にギャンブルに依存してしまう人も増えてくるでしょう。

安全なオンラインカジノの選び方

オンラインカジノは合法でも違法でもないという状態が変わらない中で、オンラインカジノの数は増え続けるばかりです。新しいカジノで遊ぶ際には、ライセンスの種類、日本語カスタマーサポートの有無などをチェックして登録をしましょう。 安全なカジノの見分け方は以下のポイントを参考にして下さい。

 

  1. ライセンスがサイトに記載されているか(マルタ共和国、キュラソー等のライセンス)
  2. 日本語カスタマーサポートが整っているか
  3. 信頼性のある決済手段が用意されているか

オンラインカジノのよくある質問

日本にはオンラインカジノに関する明確な法律が存在しないため、オンラインカジノは合法でも違法でもないというのが現状です。2016年には、海外で運営されていたカジノで遊んでいた日本在住のプレイヤーが逮捕されたケースがあります。この事件は稀なケースではありますが、オンラインカジノは合法でも違法でもないということを常に意識しておきましょう。

「インカジ」とは、インターネットカジノの略です。オンラインカジノと似たように聞こえるかもしれませんが、大きな違いがあります。「インカジ」は日本で運営されている違法カジノです。「運営されている」と言っても看板を掲げて営業しているわけではなく、目立たないビルやマンションの一室にお客を勧誘して、ギャンブルで遊ぶ機会を提供しています。

オンラインカジノを運営するためにはライセンスが必要です。オンラインカジノではお金の取引や個人情報の流出が行われるため、厳しい審査を通過しなければなりません。

 

業界で最も権威が高いライセンスは、マルタ共和国のMGA(Malta Gaming Authority=マルタゲーミング委員会)です。Curaçao e-Gaming (キュラソー・イー・ゲーミング)やUK Gambling Commission(英国賭博委員会)も信頼性の高いライセンスとして認められています。

現時点では「カジノ法案」は、日本でのランドカジノやリゾート地の建設に関する法案であり、オンラインカジノの合法性に直接関わるものではありません。しかし、ランドカジノができることで、オンラインカジノに対する見方も将来変わってくる可能性がないとは言えません。

日本版トップ プロモーション